SBGZ

仏教,歴史,哲学,法律についての備忘録。

諸文明間の力関係

真の意味で西欧世界が他の主要な文明に対する圧倒的な優勢を確立するのは,近々,1850年以降のことにすぎない。
(マクニール『世界史(上)』211頁)

紀元前500年から期限1500年までの2000年間,4つの主要な文明(中東,インド,中国,ギリシア)は均衡状態を保った。
どこかが突出するということはなかった。

西欧(欧米)の優位は短期間の出来事に過ぎない。
欧米が優位に立った時期よりも中国やインドが経済大国だった時期の方が長い。
欧米の優位は一時的な現象かも知れない。