SBGZ

仏教,歴史,哲学,法律についての備忘録。

仏教とアドラー心理学の共通点及び差異

今を生きる,ということについて。

アドラーは目的論。

仏教は因果応報。

しかし,仏教は決定論ではない。

仏教は,現在は過去(世)の業に依るとしつつも,いま,この瞬間に善を行えば,その果によって次の瞬間に生が好転することを否定しない。

前向きで,いまこの瞬間を生きるべきとし、いまこの瞬間に幸福になれる(救われる)可能性を認めるという点で,両者は共通する。

 

承認欲求・他者貢献について。

アドラーは,承認欲求を満たすことによる幸福を否定する。他者貢献をもって幸福とする。

仏教も承認欲求を満たそうとする行為を否定する。

そもそも大乗仏教の場合,自他の区別を否定する。

 

しかし,仏教は,他者貢献をもって幸福とはしない。

他者貢献も,それができない場合には苦になる。

仏教は利他行を推奨するけれども,他者貢献によって幸せになるためではない。

煩悩(執着)を捨てるためである。

自他の区別を否定するためである。

釈尊の生き方(大乗仏教の徒が理想とする生き方)だからである。

 

存在それ自体が他者貢献である*1と考えても、「貢献できている」という主観が働く以上,「貢献できていない」と感じて辛い思いをすることがあり得る。

苦は消えない。

 

また,仏教は,存在それ自体(生きていることそれ自体)に価値を見いだしているとは言い切れない。

さらには,見いだすことに価値を見いだしうるのか,不明である。

*1:「生存しているだけで価値があり,他人ためになっている。」ということ。