SBGZ

仏教,歴史,哲学,法律についての備忘録。

DVは児童虐待

 

家庭における配偶者に対する暴力は児童虐待に該当します。

 

児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力は「児童虐待」と定義されています(児童虐待の防止等に関する法律2条4号)。

児童虐待防止法2条本文

第二条 この法律において、「児童虐待」とは、保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)がその監護する児童(十八歳に満たない者をいう。以下同じ。)について行う次に掲げる行為をいう。

児童虐待防止法2条4号

児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)の身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動をいう。第十六条において同じ。)その他の児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

 面会交流の際にもこのことは考慮されます。

「暴力」(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動)の対象が配偶者だけであって,子どもには及んでいないとしても,面会交流が認められないのが原則です。

秋武憲一ほか『子の親権・監護の実務』165頁

DV事案でも様々な態様があるため,場合によっては,面会交流を実施することができる事案もあるであろう。

 「実施することができる事案もある」というのは,つまり,『実施することができないのが原則』という意味です。

ただし,同書166頁では,事案に即した解決をすべきことが強調されています。

子が非監護親の配偶者に対する暴力を見ていたということをもって,安易に面会交流を制限するべきと判断するのは相当ではないであろう。

なお,面会交流には,面談の方法による直接交流のほか,手紙を送る,写真を送るといった間接交流もあります。DVだからといって間接交流まで即座に否定するのは相当ではありません。

しかし,直接交流は原則として難しいことになります。

 

DVの加害者は,こう言うかも知れません。

「殴ったり暴言を吐いたりしたのは配偶者に対してだけ。子どもには何もしていない。」

実際には「児童虐待」であり,DV加害者が(その人なりに)愛していた子どもとの面会交流も制限されます。

楽になりたければ「やる」しかない。

宗教でも,哲学でも,自己啓発でも,最後は同じところに行き着く。

「やる」しかない,ということ。

とにかく最後はやるしかない。

目の前のことに取り組むしかない。

神は自らを助ける者を助ける。

つまり神を信じず絶望したままの人は助けない。

仏は今この時を生きる者に現成する。今この瞬間を蔑ろにする者は苦しみ続ける。

やる気が出ない者は救われない。おしまいだ。

 

嫌々管領

足利義持・義教のころから,管領は誰もやりたがらなくなりました*1

管領になりたくない理由

実権も実入りもない。

義持の頃から,中央と地方とのパイプ役は管領ではなく取次(申次)が担うようになりました*2

義教の頃,中央の政策決定も,有力な一部の大名が個別に諮問を受け,その全会一致で決定されるようになりました*3

その諮問の際の順位・重要度において管領は第一位というわけではありませんでした。

宿老である畠山満家山名時煕が第一位です。管領はその次でした。

また,管領は,従来,訴訟全般を指揮してきました。

しかし,義教の時代,管領は正規のルートでの訴訟である外様訴訟*4だけを担当しました。

将軍親裁に近い内奏で将軍の存在感が増した分,管領の影は薄くなりました。

格式に伴う出費はある。

権力を削られた管領ですが,格式は高いままであるため,出費ばかりが多くなりました。

権力も実入りも無いのに,出費はある。

畠山満家・斯波義淳の場合

その結果,畠山満家にしても,斯波義淳にしても,このころの管領はいつもやめることばかり考えていた。*5

それは,斯波家の家格は本来足利宗家と同格であり,執事(管領)は格下の家臣が担うべきであって云々という議論*6*7とは全く別物だった。

*1:桜井英治『室町人の精神』

*2:前掲・桜井151頁以下

*3:前掲・桜井154頁以下

*4:内奏と外様について,前掲・桜井132頁

*5:前掲・桜井156頁

*6:斯波経高が就任を固辞し,世嗣・義将が管領に就任することとなったが,義将の兄である氏頼が家格の点からこれに反発して出家したという逸話がある。

*7:ただし,この逸話は斯波の家格を強調するために脚色されているのではないかという指摘もある(新田一郎太平記の時代』187頁

日本における自己負罪拒否特権と黙秘権の根拠規定

自己負罪特権の内容と根拠規定

自己負罪拒否特権とは,自己に不利益な供述を強要されない権利をいいます。日本国憲法38条1項によって保障されています。privilege against self-incrimination の訳語です。イングランド由来の権利です。最も直接的な影響を与えたのはアメリカ合衆国憲法修正第5条です。

日本国憲法38条1項

何人も,自己に不利益な供述を強要されない。

黙秘権の内容と根拠規定

黙秘権とは何か。

黙秘権とは,刑事事件の被疑者及び被告人に保障された全面的な供述拒否権です。取調べや被告人質問等に対して沈黙する自由のことです。

【被疑者】の黙秘権の根拠規定(【捜査】での黙秘)

刑事訴訟法198条2項は,「被疑者」に黙秘権があること(取調べに対して黙秘できること)を前提としています。つまり,この条文は,捜査段階で黙秘権があることを裏付けています。

前項*1の取調に際しては,被疑者に対し,あらかじめ,自己の意思に反して供述をする必要がない旨を告げなければならない。

【被告人】の黙秘権の根拠規定(【裁判】での黙秘)

刑事訴訟法311条1項は,「被告人」の黙秘権を明確に規定しています。つまり,公判段階での黙秘権を正面から認めています。

被告人は,終始沈黙し,又は個々の質問に対し,供述を拒むことができる。

なお,刑事訴訟法291条4項も,被告人の黙秘権(公判における黙秘権)を前提としています。この条文は,被告人の黙秘権を裏付ける規定といえます。

裁判長は,起訴状の朗読が終つた後,被告人に対し,終始沈黙し,又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨その他裁判所の規則で定める被告人の権利を保護するため必要な事項を告げた上,被告人及び弁護人に対し,被告事件について陳述する機会を与えなければならない。

自己負罪拒否特権と黙秘権との違い

様々な『自己負罪拒否特権』

自己負罪拒否特権と黙秘権は同一ではありません。
自己負罪拒否特権は,自らが刑事訴追又は有罪判決を受ける可能性がある不利益な証言を強制されない権利です。

この権利が行使される場面は刑事事件に限られません。

刑事裁判における証人*2には自己負罪拒否特権が認められています(刑事訴訟法146条)。

何人も,自己が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受ける虞のある証言を拒むことができる。

民事裁判における証人にも自己負罪拒否特権が認められています(民事訴訟法196条本文)。

証言が証人又は証人と次に掲げる関係を有する者が刑事訴追を受け,又は有罪判決を受けるおそれがある事項に関するときは,証人は,証言を拒むことができる。証言がこれらの者の名誉を害すべき事項に関するときも,同様とする。

国会における,いわゆる『証人喚問』の証人についても認められています(議院における証人の宣誓及び証言等に関する法律(議院証言法)4条1項本文)

証人は,自己又は次に掲げる者が刑事訴追を受け,又は有罪判決を受けるおそれのあるときは,宣誓,証言又は書類の提出を拒むことができる。

刑事訴訟法だけが認めている『黙秘権』

他方,民事訴訟法でも議院証言法でも「黙秘権」は保障されていません。

民事訴訟の当事者(原告・被告)が当事者尋問での陳述を拒めば,不利益を受ける可能性があります(民事訴訟法208条)。

当事者本人を尋問する場合において,その当事者が,正当な理由なく,出頭せず,又は宣誓若しくは陳述を拒んだときは,裁判所は,尋問事項に関する相手方の主張を真実と認めることができる。

民事訴訟で証人が証言を拒絶すれば,処罰される可能性があります。証言の拒否に正当な理由がないと裁判所が判断した場合,出頭を拒否した場合と同様,10万円以下の罰金又は拘留(及びこれらの併科)の制裁を受ける可能性があります(民事訴訟法193条。同法200条が証言拒否の場合について193条を準用しています。)。

証人が正当な理由なく出頭しないときは,十万円以下の罰金又は拘留に処する。
2 前項の罪を犯した者には,情状により,罰金及び拘留を併科することができる。

議院証言法においても,証言の拒否は処罰される可能性があります(議院証言法7条1項)。

正当の理由がなくて、証人が出頭せず、現在場所において証言すべきことの要求を拒み、若しくは要求された書類を提出しないとき、又は証人が宣誓若しくは証言を拒んだときは、一年以下の禁錮又は十万円以下の罰金に処する。

日本国憲法38条1項は黙秘権を保障していない。

日本国憲法38条1項は,自己負罪拒否特権だけを規定していると言われています。黙秘権について直接規定したものではない,黙秘権は憲法上の権利ではない,という意味です。

いわゆる黙秘権は,日本国憲法38条1項が保障する自己負罪拒否特権を刑事訴訟法が拡大したものに過ぎないと理解されています。

憲法38条1項は黙秘権も保障しているという見解

ただし,被疑者・被告人は,述べたこと全てが刑事訴追や有罪判決に影響する可能性があります。供述すること全てが「不利益」(日本国憲法38条1項)に該当するのだから,全面的な供述の拒否権=黙秘権は憲法上の権利であるという主張もあります。

この主張の方が説得力があると思います。

*1:「検察官,検察事務官又は司法警察職員は,犯罪の捜査をするについて必要があるときは,被疑者の出頭を求め,これを取り調べることができる。但し,被疑者は,逮捕又は勾留されている場合を除いては,出頭を拒み,又は出頭後、何時でも退去することができる。」(刑訴法198条1項)

*2:被疑者・被告人は,理由の如何を問わず供述を拒否できる黙秘権が認められているので,上記憲法刑事訴訟法を根拠に自己負罪拒否特権が認められているといえます。

諸文明間の力関係

真の意味で西欧世界が他の主要な文明に対する圧倒的な優勢を確立するのは,近々,1850年以降のことにすぎない。
(マクニール『世界史(上)』211頁)

紀元前500年から期限1500年までの2000年間,4つの主要な文明(中東,インド,中国,ギリシア)は均衡状態を保ちました。
どこかが突出するということはありませんでした。

西欧(欧米)の優位は短期間の出来事に過ぎません。
欧米が優位に立った時期よりも中国やインドが経済大国だった時期の方が長いのです。
欧米の優位は一時的な現象かも知れません。

観応の擾乱における佐々木導誉

佐々木導誉は,観応の擾乱でも「ほぼ」一貫して尊氏側でした。

ただし一度だけ足利尊氏から「討伐」されています(以下の年表は亀田俊和観応の擾乱』145頁以下に依拠)。

月日 出来事
西暦 北朝 南朝
1351年 観応2年 正平2年 7月10日頃 赤松則祐興良親王を奉じ,播磨で蜂起。
この後,仁木頼章,仁木義長細川頼春佐々木導誉,赤松貞範,土岐頼康,仁木義氏,細川清氏,佐々木秀綱,今川頼貞,高定信,大平義尚,安保直実が領国等へ下向。
佐々木道導誉,赤松則祐(導誉の娘婿)に同調して近江で蜂起。
7月28日 尊氏,佐々木道導討伐のため近江へ出陣。
7月29日 義詮,赤松則祐討伐のため播磨へ出陣。
7月30日 直義,京都を脱出。越前へ向かう。
8月2日 後村上天皇,導誉に対し,尊氏・義詮・直義追討を命じる綸旨
8月3日 義詮,京都に帰還。
8月5日 尊氏,京都に帰還。
8月6日 尊氏,細川顕氏を使者として,金ケ崎城(越前)にいた義直に対し京都へ戻り政務に復帰するよう要請。
8月7日 尊氏の命を受けた恵鎮上人,洞院公賢北朝)に対し,南朝に講和を申し入れると表明。
8月11日 恵鎮上人,南朝から講和を拒絶されて京都に帰還。
8月18日 尊氏・義詮,近江へ出陣。
鏡宿の尊氏の本陣に佐々木導誉・秀綱参陣。
9月2日頃 近江で尊氏・義詮軍と義直軍が交戦開始。
9月3日 尊氏が二階堂行諲(娘は導誉の妻,京極秀宗の母)・安威資脩に命じ,赤松則祐を通じて南朝への講和を申し入れたとの情報が洞院公賢北朝)にもたらされる。赤松則祐,このころまでには尊氏に降ったか。
9月12日~29日 赤松則祐,伊川城(12日),須磨城(26日)を攻撃し,坂根・稲野で戦闘(29日)。いずれも直義軍が相手か。
10月2日 尊氏と直義,錦織興福寺(近江)で会談(後に講和ならず。)。
10月8日 直義,近江を出る(11日には関東へ向かうことを決意。)。
10月14日 尊氏・義詮,近江から京都へ帰還。
10月25日 尊氏が南朝と講和したとの情報が京都にもたらされる。
11月2日 赤松則祐,京都に入る(尊氏へ正式に帰参)。
11月3日 正平の一統が成立。

1351年(観応2年/正平6年)7月,足利尊氏と義詮が出陣。

尊氏は近江へ出陣。南朝に降って蜂起した佐々木道導討伐のため。

義詮は播磨へ出陣。同じく南朝に降った赤松則祐討伐のため。

この出陣の直後である7月30日深夜(8月1日未明),直義が京都を脱出。

この一連の流れから,尊氏・義詮の出陣は,京都にいる直義を尊氏派で包囲するための謀略であるとされています。

例えば,森茂暁『佐々木導誉』91頁は以下のように述べています。

この事件には腑に落ちぬ点がある。最大の疑問は,尊氏・義詮に発向の理由がないことである。尊氏の発向の理由は導誉の謀反とされるが,導誉が尊氏に反逆するはずはない。この軍事行動の真の目的は別のところにあるようである。それは,おそらく洞院公賢がその日記『園太歴』の同年8月一日条に,尊氏と義詮とは示し合わせて直義を討つべく「潜通」じていたと書きとどめているように,直義を奇襲することだったろう。

ほかにも,新田一郎太平記の時代』165頁は以下のように述べています。

同月下旬になると,義詮方の武士たちが多く京都を離れて戦に備えるなど,政情は急速に不穏の度を増し,さらに月末には,佐々木導誉南朝と通じて近江に城郭を構えたのを討つという名目で,尊氏が赴き,また義詮も播磨で蜂起した赤松則祐を討つためとして京都を進発した。導誉の行動については,そもそも尊氏・義詮と通じた謀計であったと推測する研究者もあり,いずれにせよ,この間の一連の動きは,尊氏と義詮とが相互に示し合わせて直義を京都に挟撃する作戦であったと考えられている。

後村上天皇から佐々木導誉に対して綸旨が発せられた点について,森茂暁『佐々木導誉』91頁~92頁は,『導誉の迫真の演技に後村上天皇が騙された』という見解を採っています。

この作戦で導誉が重要な役割を演じている点から推測すると,この謀計自体,導誉の発案になる可能性もある。しかも,この主従対立の芝居がいかに真に迫るものだったかは,正平6年(観応2),南朝後村上天皇が導誉に対して,尊氏父子と直義の追討を命ずる綸旨を出している点に明瞭である。この綸旨は「観応二年日次記」に載せられている。

『尊氏・義詮が京都を離れたのは直義を奇襲挟撃する作戦であり,直義はこれを察知して京都を脱出した』という主張は,従来からの不動の定説*1です。

その上で,前掲・亀田147頁以下は,「不動の定説」への疑問を呈しています(括弧内は補足。)。

直義がそう(=尊氏・義詮による挟撃の謀略だと)解釈したのは確かだろうが,尊氏が本当に直義の包囲殲滅を意図していたのかは疑問が残る。

 すでに述べたように(=同書146頁),赤松則祐佐々木導誉南朝寝返りはほぼ事実であったと考えられる。包囲殲滅作戦は直義の誤解であった可能性を排除できない。

 前掲・亀田は,佐々木導誉が真実寝返ったと判断する根拠として以下の2つを挙げています。

(1)赤松則祐(娘婿)と佐々木導誉(舅)の縁戚関係

(2)後村上天皇の綸旨の存在

なお,前提として,赤松則祐赤松円心の三男)は護良親王の側近であり,護良親王に同調して反尊氏感情を抱いていたが,赤松円心・範資の相次ぐ死去によって播磨守護となった後,護良親王の遺児である興良親王を奉じて反尊氏の旗幟を鮮明にしたのではないかとしています(同書134頁以下)。

「定説」側の主たる論拠は以下の3つです。

(1)短期間で尊氏方へ帰参していること

(2)寝返りが頻発する観応の擾乱において義直優勢の際も導誉は尊氏与党であり続けたこと

(3)観応2年4月,導誉は「罪を許され」所領安堵されている上,直義も勢力を減じていたこと(=この時点で尊氏に半旗を翻すメリットがないこと)

謀略否定説の論拠となる後村上天皇の綸旨の存在は,確かに,南朝が謀略にコロッと騙されて綸旨を出す(そして導誉がこれを受ける)ことなどあり得るのだろうかという素朴な(つまり重大な)疑問を定説に突きつけるものです。

しかし,尊氏(あるいは導誉)の謀略が南朝を騙せるほどに精巧だったことの証とも考えられます。実際,直義は謀略だと判断して逃亡しています。

この時期,南朝方となることにメリットはあったのか。尊氏と直義との和議が壊れると予想していたのであれば,尊氏は直義討伐に軍を割くので南朝方に寝返っても直ちに討伐はされない,あるいは,直義討伐のために尊氏に帰参しやすい上,恩も売れると考えたのか。

*1:前掲・亀田147頁

航空宇宙軍史(谷甲州)の登場人物

谷甲州SF小説『航空宇宙軍史』シリーズの登場人物についてまとめました(未完)。

アンドレーエフ

登場巻:完全版1巻『タナトス戦闘団』431頁
航空宇宙軍中尉。ジャムナの父。ガニメデにある航空宇宙軍の基地に勤務。後に月のペアリー基地勤務。通信技術士官。

緒形優

登場巻:完全版1巻『タナトス戦闘団』423頁
月セントジョージ市カリスト代表部勤務。警務隊のスパイ。それを柏崎中佐に見破られ,二重スパイとなる。ガニメデと地球の二重国籍保持者。インド系移民の二世。ジャムナの母。20歳の時,緒形中尉と結婚。緒形姓を名乗る。後に離婚。

ヴェルナー(完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』74頁)

航空宇宙軍大佐。警務隊所属。

エミリオ・ロドリゲス

登場巻:完全版1巻『カリスト―開戦前夜―』102頁
タナトス戦闘団の「ロッド」。
カリスト軍戦略情報部の技術軍曹。後にタナトス戦闘団に異動。

オグ(完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』60頁,449頁,)

エリヌスへ初期に入植したサイボーグ。航宙艦のエンジン暴走事故で重度の火傷。サイボーグ化し,結婚したばかりの緒形優(当時21歳)と離婚。80年代中頃に天王星系に着任。

ミンスキィ

登場巻:完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』
SPA幹部。

川添

登場巻:完全版2巻『土砂降り戦隊』
航空宇宙軍少佐。「レイニー・ルーフ(雨漏り船)」こと「レニー・ルーク」の艦長。

ガルシア

航空宇宙軍少尉。両トロヤ群とタイタンの通信を傍受するための通信基地に常駐する技術士官。疑似人格「ソクラテス」の作成者。

教授(完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』,)

SPA幹部。

ジェイムズ・ランド

登場巻:コロンビア・ゼロ『ガニメデ守備隊』237頁
ガニメデ宇宙軍中尉。息子に「オフェンダー」と「エスコート」こと「翔次」がいる。息子らは『ギルガメッシュ要塞』に登場。

ジャムナ

登場巻:完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』,完全版1巻『タナトス戦闘団』430頁
SPA幹部。緒形優の娘。エリヌス到着時は28歳。父親はガニメデにある航空宇宙軍の基地に勤務する連絡官だったアンドレーエフ中尉。

シリウス(完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』35頁,204頁)
シュルツ

登場巻:完全版2巻『巡洋艦サラマンダー』
ガニメデ宇宙軍大佐。巡洋艦サラマンダー艦長。
SPAの指揮官。4隻同時ハイジャックの実績有り。教授からの評価は低い。J・Iとアクエリアスとの戦闘で戦死。

ダクワ

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』
掃海艇CCR-42航宙士。

武末

登場巻:完全版2巻『巡洋艦サラマンダー』295頁
ガニメデ宇宙軍技術中佐。巡洋艦サラマンダーに乗り込んだ造船官のリーダー。

武田

登場巻:完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』
航空宇宙軍大佐。アクエリアス艦長。

田沢

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』
掃海艇CCR-42艦長。ガニメデ宇宙軍士官。ズォン博士は開戦直前まで勤務していた研究所の同輩。

ニルス・ヘルナー

登場巻:完全版1巻『タナトス戦闘団』475頁,
タイタン防衛軍中佐。仮装巡洋艦バシリスク艦長。

ハチェット

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』
掃海艇CCR-42掃海長。

バートラム・ラッセ

登場巻:完全版1巻『カリスト―開戦前夜―』106頁
ミザルー・コンプレックス守備隊軍曹。爆破の専門家。宇宙空間作業資格保有者。先祖(祖父)はグルカ兵。

淵田

登場巻:完全版2巻『タイタン航空隊』
航空宇宙軍少佐。タイタン航空隊所属。偵察機「クロノスー3」パイロット。

マリサ・ロドリゲス

登場巻:コロンビア・ゼロ『ギルガメッシュ要塞』175頁
警備システム対策を請け負う中堅の「業者」。イントルーダー(侵入者)の手助けをする。
エミリオ・ロドリゲス軍曹は父方の祖父。

八木澤

登場巻:完全版2巻『火星鉄道一九』
航空宇宙軍少尉。

安井

登場巻:完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』
航空宇宙軍一曹。アクエリアスの乗員(主計科)。

ランバハドール・タマン

登場巻:完全版4巻『エリヌス―戒厳令―』66頁
航空宇宙軍三曹。アクエリアスの乗員(主計次官)。

ロックウッド

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』22頁
航空宇宙軍少佐。ヒマリアの観測基地調査のためドルトン・リッジ軍港(木星系最大の軍港)に派遣された。

ズォン博士

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』22頁
ヒマリアの観測基地調査のためドルトン・リッジ軍港(木星系最大の軍港)に派遣された。田沢は開戦直前まで勤務していた研究所の同輩。

ローラ

登場巻:完全版3巻『最後の戦闘航海』28頁
ヒマリアの観測基地に勤務していた。田沢・ズォン博士の旧知。

ローレンス・ブライアント

登場巻:完全版1巻『カリスト―開戦前夜―』101頁
タナトス戦闘団の「ランス」。